top of page

【掲載】南アジア研究センターの研究成果を紹介するページを作成しました

南アジア研究センター(Center for South Asian Studies, CSAS)は、人間文化研究機構プロジェクト「南アジア地域研究」の東京大学拠点(TINDAS)の設置機関として、2017年4 月にグローバル地域研究機構内に設置されました。2022年3月までは同プロジェクトのもとで、「南アジアの経済発展と歴史変動」をテーマとして掲げ、インドを中心とする南アジア諸国における現在の経済発展を長期の歴史的変動の中に位置づけ、南アジア的な発展の在り方を総合的に明らかにすることを目的に研究活動を展開してきました。2022年度でINDASが終了したのち、翌年度からINDOWSが開始しました。こちらのページで、INDOWSの前身プロジェクトに当たるINDAS東京大学拠点の研究成果の一部をご覧いただけます。

Yorumlar


bottom of page